Menu

月別: 2017年6月

コストも安い!下手したら…

名刺作成サービスを利用することのメリット、2つめはコストの安さについてです。何も知らない人が名刺を作ろうとすると、まずパソコンを使ってソフトを用意して、時間をかけてレイアウトを決め、印刷することになります。印刷には名刺専用の用紙を用意する必要があり、紙代にインク代もバカになりません。
今時わざわざ高いソフトを購入するという方は少ないかもしれませんが、フリーソフトを入れるにしても、ワードやエクセルなどを使用して名刺を作成するにしても、多くの手間と時間が必要となってしまうのは確かです。労力も時間も有限で、その力を他の仕事に尽くせば、より利益を上げられるということを考慮すれば、名刺を自分で作ることはハッキリ言って「ムダ」なのです。

その点、名刺作成サービスに依頼すれば、料金を支払うだけでスピーディに名刺を作成して納品してくれます。デザインについても個人で行うよりは絶対に高クオリティに仕上がりますし、コスト面、クオリティ面、時間と労力という観点からしても、外部へと委託してしまうことは合理的と言えるのではないでしょうか。デザインも綺麗にまとめてもらえ、必要ならばアドバイスをもらうこともできますので、名刺作成サービスの利用は本当にお勧めです。

月別: 2017年6月

デザイン名刺で印象もバッチリ

デザイン名刺作成サービスは、インターネット上から名刺作成の依頼をして、指定されたデザイン通りの名刺を作成、納品してくれるというものです。
会社で使う名刺は会社で用意する、従来ならばこの方法が一般的で、それなりに歴史のある会社ならば、既に名刺作成のノウハウもありますのですぐに用意してもらえますが、そういう会社の名刺は得てしてデザイン性に乏しいものです。会社名と役職、名前、電話番号にEメールアドレスが記載されていて、会社のシンボルマークが付いているだけという、なんとも寒々しくお堅い印象を受けるものですよね。
デザイン名刺ならば、必要事項に加え文字の書式も自由自在、色についても自由に選べる優れもので、お堅いイメージをすっかり解消させることが可能となります。名刺は後々まで残るものですので、目に付きやすいデザインの方が何かと有利に働きます。デザイン名刺は印象を良くするために一役買うというわけです。

ですが問題なのは、せっかく作ったデザイン名刺でも、会社によっては使用しないように注意される可能性があるということです。あまりに奇抜なデザインになってしまうと、会社のイメージが悪化する可能性も懸念され、デザイン名刺を禁止する会社もあるので、作成前には使用可能かどうか相談してみると良いでしょう。

月別: 2017年6月

会社の名刺、ダサくない?

人は見た目が9割、と言う人もいるほど、人の印象は外見に左右されやすく、人は目に付いた情報に基づいてその評価を下す傾向にあります。これはもちろん内面を軽視するというわけではありませんが、その美しい内面を知ってもらうためには、外見が大前提になるという話です。
自分も知らず知らずの内に外見から判断してしまうものですし、相手も外見から自分を評価することになりますので、ビジネスシーンにおいて、知らない人との最初の挨拶は殊更重要になるわけです。爽やかに挨拶できるかどうかで営業成績が決まると言っても過言ではありません。

ビジネスシーンにおける外見を議論するのであれば、自分が使う名刺についても度外視することはできません。
名刺は自分の顔と名前を覚えてもらうという重要な役割を担ったビジネスアイテムで、営業の仕事をしていれば頻繁に頼ることになるでしょう
営業の仕事をしていなくても必要なシーンがあるほどです。さて、この名刺ですが、なんか堅苦しいなと感じたことのある方も多いのではないでしょうか。ビジネス現場では名刺を切ることは日常茶飯事ですし、普通の名刺を使用していてもなかなか名前を覚えてもらえない、ということも、ざらに起こり得ます。自分の名刺に対して、堅苦しくてダサいと感じている方は、ぜひデザイン名刺の使用を考えてみてはいかがでしょうか。当サイトでは、名刺作成サービスの特徴とデザイン名刺について、メリットをご紹介していきます。